中絶手術を受ける病院探し

東京で中絶手術を受ける産婦人科を探す時は、産婦人科の情報を集めた情報サイトを利用するといいでしょう。中絶手術は女性にとって不安な手術です。だからこそ、安心して手術を受けることができる場所を見つけることが大切なのです。

もっと読む

中絶で行われる手術方法

中絶手術を受ける時は、パートナーと本人の同意書が必要となります。何らかの理由でパートナーの同意書が用意できない場合は病院の医師に相談しましょう。中絶手術は、妊娠初期と中期とで方法が変わってきます。

もっと読む

妊娠中絶への決断

妊娠を継続することができない場合は、妊娠中絶手術を受けることができます。中絶手術を受けることのできる期間は限られているので、早めの決断が重要となります。アフターケアのしっかりとしたクリニックを選ぶことで体のバランスを崩す心配も軽減できます。

もっと読む

中絶手術にかかる費用

悩む女性

妊娠するということは、新しい命を授かることでとても喜ばしいことですが、状況によっては赤ちゃんを授かったとしても産むことができないことがあります。様々な理由がありますが、経済的に赤ちゃんを育てることができない場合や、性暴力による望まない妊娠である場合、また出産によって母体にも危険が及ぶ場合などです。中絶手術は保険の適用外になるので、その手術費用は高額になります。また、中絶手術を受けることのできる時期は母体保護法といわれる法律で定められています。母体保護法により、中絶手術を受けることのできる時期は妊娠の22週未満とされています。この22週を過ぎると、倫理上そして法律上堕胎罪にあたり刑事責任も負うことになることがあります。中絶手術を受ける時の費用も、妊娠初期と妊娠中期で変わってきます。妊娠初期である5週から11週が妊娠初期とされていて、中絶手術にかかる費用はおよそ10万円から15万円程度とされています。妊娠中期が12週から21週となり、中絶費用にかかる費用もおよそ20万円から場合によっては50万円と高額になってきます。妊娠22週以降の中絶手術はできません。妊娠中期の中絶費用が妊娠初期と倍以上違うのには、入院費などが含まれているからです。妊娠中期ともなると、中絶手術によってかかる母体への負担はかなりのものになります。初期であれば日帰りでの手術を行なうことができますが、中期になると入院手術が必要となります。中絶手術には妊娠の状況により費用も異なり、すぐに費用を用意することができない時は病院によってカードの使用が可能なところもあるので、事前に確認しておくと安心です。